自動体外式除細動器(AED)

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保有していない人でも扱うことのできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順に沿って対応することで、心臓の心室細動の応急処置の効き目を可能にします。

不整脈の中でも期外収縮は、病気でなくても出現することがあるためさほど逼迫した病でないとはいえ、短期間で発作が続いて起こるケースは楽観視できないといえます。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になってしまった後に発売されるもので、新薬とまったく同じ成分で経済的な自己負担を抑制できる(金額が安い)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

収縮期血圧140以上の高血圧がある程度続くと、血管に重いダメージがかかり、体中至る所の様々な場所の血管にトラブルが発生して、合併症を発症してしまうパーセンテージが大きくなります。

BMIを求める式はどこの国でも共通ですが、BMI値の評価は国単位で少しずつ違っていて、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上を肥満、18.5未満の場合だと低体重と位置付けています。

杉花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、小さなお子さんが体温は平熱なのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻水が止む気配をみせない状況なら、もしかしたら『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。

アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘引する悪影響を及ぼす物質を体内で無毒化し、肝臓のパワーを促すような役目が認められているのです。

ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.やトコフェロールなどとは性質が違い、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする効果を持っているのです。

下腹部の疝痛を主訴とした病気の一例として、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の病気など、色々な病名が挙がるようです。

男性だけにある前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても深く関係し、前立腺に現れてしまったガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン)の作用で肥大化します。

ページのトップへ戻る