自律神経とセロトニン

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を調節したり痛みを鎮静化させ、器官の覚醒などを操作していて、単極性気分障害に罹患している方ではその機能が鈍化していることが分かっている。

ともすると「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「除外すべき」ものと考えがちですが、実を言えば、我々人は多種多様なストレスを感知するからこそ、生活していくことが可能になっています。

心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が細くなってしまい、血液の流れが途切れ、欠かせない酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋繊維が機能しなくなってしまう大変恐ろしい病気です。

ちょっとした捻挫だと勝手に自己判断して、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置をした後素早く整形外科医に診察してもらうことが、早く快癒させる近道となるのです。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無くなった後に購入できる、新薬と同一の成分で経済的な負荷を下げられる(薬代が高くない)後発医薬品のことを指しています。

アルコールを無毒化する作用があるナイアシンは、嫌な二日酔いに効きます。不快な二日酔いの誘引物質とみられるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングにも携わっています。

気分障害の一種であるうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、強い憂うつ感、不眠強い疲労感、食欲の低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が見られるのです。

現在、比較的若い世代で結核(けっかく)に抗える力を持たない人達が増加したことや、診断が遅れることによる集団・院内感染(アウトブレイク)が増えています。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンにかわり、平成24年9月から正式に定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種してもらう個別接種の形になりましたのでご注意ください。

環状紅斑とは何かというと輪状、つまりはまるい形状の紅い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な名前ですが、理由はまったくもって様々なのです。

ページのトップへ戻る